11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 「ガジュマル・アンサンブル featuring サカキマンゴー」 | main | ワーク&コンサート 「遭遇! 音あそびの会@バミスタ」 >>

コンサートが終わって〜動いています

 (スタジオ・バミ ブログより)

私は9月12日のムサビでの演奏が終わってから、約2週間地に足が着いていないような、カラダもアタマもず〜っと音が鳴り続けているような、とても不思議な時間を過ごしました。その間にも普通にご飯作って掃除して・・・、なことは上の空でやってはいたのですが。

一番驚いたのは、ガジュマルとは別の、アンサンブル・マレットというマリンバのグループにも所属していまして、普段はこちらで演奏しています。多くの方々にマリンバの音楽を楽しんでいただきたい思いを込めて、もう20年以上続いているグループです。

リーダーの那須律子さんのブログ

http://ensemble-mallet1989.blog.so-net.ne.jp/

同じ週に演奏会があってリハーサルをした時に、やり慣れているはずの曲が弾けなくなっていました。

弾けないというか、アンサンブルに馴染まない感じ。おそらく自分の弾き方がガジュマル・アンサンブルの色になっていて、いつものように出来なかったんだと思います。

これは驚きでした。だって私は同じなのに、そんなに2つのグループで変わってしまうなんて・・・。

なんとか本番までに多少調整は出来たと思いますが、ショックでした。

私の中に鳴り続ける音楽は、何故か後半で演奏した曲。

特に、歌をうたったものが、激しくカラダに入り込んで、寝ても覚めても鳴ってる。実際にもマンゴーさんの新しいCDをかけて、その音にのめりこむ、何とも依存症になっているかのような状態でした。

そして、楽器を弾いたり声を出したくて、いつに無く楽器のところに行きました。

マリンバに留まらず、ピアノも弾いてみたり、弾きながら声を出してみたり、ネマムササというアフリカの曲を分析してみたり。

本当は音楽する人間、いつもこの位音に関わっているのが正しい姿なのかも知れません。

でも、私はいつの間にか日常の忙しさや煩わしさにかまけて、音楽を聴くことも極端に無くなって、演奏するために練習をするという、今考えるとつまらない世界にずいぶん長いこと浸かっていたように思います。

オランダに留学中(遠い昔)は、暇さえあればクラシックからロックまで聴いたり、コンサートに行ったりしていたのに、日本に帰ってきてから「忙しい 毎日」というくくりで、やらねばならないことを優先にすると、全くクリエイティブではない生活していたと、やっと今気が付きました。

もちろん、最低限の時間、表現することを保ってきたからこそ今があるけれど、本当は自分がもっともっと表現したい、もの凄いエネルギーを持て余しているのに気が付きました。

あんなに忙しかったのに、肩が懲りません。相方に「エネルギーを正しく放出しないから、体調悪かったんじゃないの?」

そうかも・・・。

先日は岩下徹さんのダンスのワークショップに行ってきました。障碍のある、なしに関わらず一緒に行うワークで、沢山のことを学びました。無心に踊る姿は、心打つのだと実感。

踊るという行為もまた、自分にとって大事なようです。

ちょうど一年前の9月から始めた、原キョウコさんのダンスセラピーも、私の心と体を繋げてくれました。

原キョウコダンスセラピーワークショップ

http://blog.goo.ne.jp/kyondance

8月には2泊3日で合宿に参加しました。そこで経験したことは、3月11日の震災から今現在に繋がる大事な出来事だったように思います。

そこで出会ったステキな人々の中に、オギタカさんというミュージシャンがいました。オギタカさんはゲストとして毎年呼ばれ、彼の音楽も使ったワークを行いました。

オギタカさんの「 音あそびの会」のHP

http://oto-asobi.main.jp/

その時に私も打楽器奏者だから、と言うことで予定外にワークで一緒に演奏したのが、彼が持参したコギリとかバラフォンと呼ばれるアフリカのマリンバ。

やっぱりアフリカなんです。

もちろん我流の即興演奏だから、アフリカの音楽でもなんでもないのですが、オギタカさんの叩くジャンベのリズムとの共演はイヤでもリズミカルなものになるのです。

これがまた至福の時間で、楽しかった〜。

オギタカさんとはいろいろ共通点があり、初対面にもかかわらず以前からの友人のような気がしました。

そんなオギタカさんから10月に彼のホームグラウンドの小諸であるイベントでワークをするというお誘いが・・・。

娘と一緒に参加することにして、今からとても楽しみに。

しかも、同じ10月中になんと、我家の近くでライブを行うというお知らせ、日にちを見ればスタジオ・バミのワークショップの前日!!もうこれはオギ タカさんのスペシャルワークをお願いするしかない、と相談したら、バンドのお仲間も参加してくださると言うお返事に一気に盛り上がって、「ワークとライ ブ」という、スペシャルイベントに発展してしまいました。

嬉しいことが次々と展開していきます。コワイくらい。

でも恐れません!!

両親亡き後の7年間の辛かった日々を考えると、夢のようです。

復活したんだな〜。

でもあの苦しい時間があったから、私も家族も、沢山学んだんだよな〜。

少し強くなれたから、今を楽しめるんな〜。

辛いことは、生きている限り避けて通れないけれど、嬉しいことや楽しい時は手放しでこの瞬間を味わっていきたいです。

 

9月12日のサカキマンゴーさんとガジュマルアンサンブルとの 親指ピアノとマリンバによるスペシャルコンサート」@ 武蔵野美術大学の演奏を元に11月にCDが発売されますが、急遽11月8日に再びマンゴーさんとガジュマルアンサンブルでライブを行うことになりました。 しかも、パーカッションの駒澤れおさんも共演されるという、一段とパワーアップしそうな予感がします。詳細が決まりましたら、またお知らせします。

オギタカさんの「ワーク&ライブ」は10月23日の午後です。場所はスタジオ・バミ。詳細、追ってお知らせします。


| 雑感 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 21:07 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://yumekanamusic.jugem.jp/trackback/51